スキンケアと生活習慣で美肌を目指す

 

こんにちは!paulaです!

これまでシミやシワ、くすみなど40代が直面しているお肌トラブルについて見てきましたがいかがでしたでしょうか?

自分の美容の為に書き始めたブログですが、記事作成にあたりいくつかの文献を読み、自分の中ではある程度の美容知識が増えたな♪と喜んでいたりします。

年齢と共にお肌が変化しているのは、日常生活の中でひしひしと感じていましたが、それは主にコラーゲンの減少お肌細胞の生まれ変わりの変化から来ている事も分かりました。

どんどん減ってしまうコラーゲンは、コラーゲンを補給する事で食い止められる訳ではなく、コラーゲン生成を促進するビタミンC誘導体が有効であるということでしたよね。

(コラーゲンドリンクやサプリも全く無意味という訳ではありません。コラーゲンはアミノ酸からできているので、アミノ酸補給という意味ではとても意味のあることだと個人的には思っています。)

お肌細胞の生まれ変わりは、ターンオーバーという言葉でも知られていますが、やはり年と共に肌の新陳代謝も遅くなっていくんですね。

若い時は30日程度で規則的に行われていたターンオーバーも、年齢と共に40日、50日…と遅れ始める為、不要な角質が肌に留まってくすみの原因になったり、美容成分浸透の妨げになったりもします。

皮膚科専門医の先生はピーリングをおすすめしていますが、お肌が弱くてピーリングの刺激が不安という方は、くすみ対策のできる敏感肌用のクレンジングでもある程度の効果は得られるのではないかと思います。

自然派の方の中には、カミソリで顔の産毛を剃ると同時にピーリング処理できると言っいるのを見たことがあります。

年齢を重ねたお肌・弱ったお肌は、ほとんど乾燥しているという事実もあるようですので、十分な保湿も心掛けたいですね。

 

そして、忘れてならないのが生活習慣の見直し

40代って、本当に多忙な年代と言っていいですよね。

子供や家族の為に朝早くから起きて支度をし、寝るのは一番遅いなんて結構普通にあるケースではないでしょうか?

やりたい事、終えなくてはいけないルーティンワークなど、時間が足りなくなったら睡眠時間を削るしかない、というのも現状かもしれません。

家族の為に頑張るのも大事ですが、お母さんが健康でいる事もやっぱり大事です。

お母さんが具合が悪くなった途端に、家の中が回らなくなってしまうご家庭も多いのではないでしょうか?

健康で美しいお肌の為には、睡眠や食事など基本的な生活習慣の見直しが大事という事も分かりました。

お肌も大事な身体の一部ですからね。

身体の健康がそのままお肌に出ると考えて、なんとか十分な睡眠がとれるように頑張りましょう!

こんな風に書いている私ですが、やはり毎日の甘いものはやめられません(笑)

仕事の合間に口に入れるスイーツはささやかな喜びでもあるんです。

 

だから、甘いものをやめるより、どうしたら甘いものをやめないで済むか考えてみました。

どの答えが「歩く」こと。

甘いものは、血行不良の原因となると前のページで書きましたが、スイーツを食べても、運動して血行をよくしたらいいんじゃない?と考えたんです。

だから、「ちょっとそこまで」の外出は徒歩ででかけ、買い物も自転車を使うようにしています。

自転車だと、あまりたくさんの買い物はできないのですが、それもお金を使い過ぎない節約の方法と考えています。

しばらく歩けるときは、腕を大きく振って上半身からもカロリー消費を狙っています(笑)

いかにストイックで健康的な生活を送るかについて追及している方もいると思いますが、私は毎日を少しでも楽しみながら健康的にすごしていきたい派なので、自分へのご褒美も忘れません!

 

美容についての知識がちょっと増えたので、それらを頭に入れながら理想の美肌を目指してこれから頑張ろうと思います。

いつまでも若くありたい気持ちは多分この先も持ち続けていると思うので、それなりの努力は大切ですね。

ただ、あんまり頑張りすぎると疲れてしまう事もありますので、そんな時は

何もかも嫌になった時

この記事もちょっと参考にしたいと思います。

paulaの美容ブログはここでいったん区切りをつけたいと思います。

お肌の悩み・トラブルはまだまだ他にもありますが、またかける時に書き足していこうと思っています。

ここまでお読みいただいた方、どうもありがとうございます。

あなたの美容に何かしらの参考となっていれば大変嬉しいです。

それでは、またお会いしましょう!!!

やっぱり目指したい毛穴レス

こんにちは!paulaです!

今日のテーマは「毛穴」。

 

突然ですが、質問です!

20代の頃に、毛穴って気になっていましたか?

20代と言えば、ある方は大学生活を謳歌し、社会人として過ごしているかもしれません。

結婚して出産していたわ、という方もいらっしゃるかもしれません。

若さがはじけるような20代、そこまで毛穴に気をとられていたわけでもないのではないでしょうか?

私たちが20代の頃、鼻の角栓をとるパックは存在していましたが、鼻以外の毛穴をケアするようなスキンケアはなかったのではないかと記憶しているのですがいかがでしょうか?

かくいう私も、顔の毛穴が気になりだしたのは30代後半です。

鏡で肌を見てみると、毛穴が開いていて、たるんでいるように見えるんです。

一度気になりだすと、鏡を見るたびに毛穴が気になるようになり、毛穴専用クリームをネットで買ってケアしてみたりしました。

また、毛穴がキレイになると話題のクレンジングも試してみました。

でも、私がやった毛穴ケアの中で一番効果があったのは、発酵系の保湿スキンケアでした。

そのスキンケアに変えてから、すぐに毛穴が引き締まったという訳ではないのですが、2か月め頃から「なんとなく目立たなくなってきたかな?」と感じる程になりました。

毛穴専用の商品よりも、一般的な保湿スキンケアの方が効果が感じられたのは我ながら不思議だなーとずっと思っていました。

 

毛穴が目立つ、と一言で言っても、状況は複数あるようです。

①毛穴の黒ずみ

鼻の部分に多く見られ、皮脂と汚れが詰まっている

②毛穴のたるみ

頬に多く見られる、縦に伸びている毛穴

③毛穴の開き

もともと毛穴が大きめの方もいるようです

④あぶら毛穴

Tゾーンなどに良く見られ、白くブツブツしている

 

美容の本を読んでみると、毛穴ケアにも「保湿」が有効だそうで、私も知らず知らずのうちにこの保湿を実行していたことになります。

皮脂詰まりの毛穴にも保湿が有効、と聞くと一瞬「どうして?」と感じてしまうかもしれませんが、お肌が乾燥を感じるとお肌が潤いを求めて皮脂を過剰に分泌してしまう事があるそうなんです。

これは大人ニキビができるメカニズムと一緒で、

大人ニキビも、

乾燥 → 皮脂分泌 → 毛穴に皮脂がたまり、アクネ菌が発生してニキビになる。

こんなメカニズムでできています。

皮脂が多めの方は、潤いが足りていると思って保湿ケアを省いたりする傾向があるのですが、これは逆効果。

お肌はもっと乾燥し、さらに皮脂を分泌してしまう事があるので、保湿こそが大事なケアだったりするんですね。

 

鼻に貼って使う角栓パックは、はがした後に角栓がびっしりついていてとっても爽快感があるのですが、使い過ぎは禁物です。

お肌の表面の角質がはがれすぎ、余計に毛穴が目立ってしまうそうですよ。

たるんだ毛穴には、日焼けはよくないそうなので、紫外線対策も大事との事。

毛穴は「保湿」と「紫外線対策」という基本的なお手入れをきちんと行う事が求められるんですね。

 

もちろん、美容外科でも毛穴の相談はのってもらえます。

美容外科では、ピーリングやレーザーを使って割と即効性のある毛穴ケアが行えるそうです。

お値段は、3万から5万円ほどでできるそうですよ。

 

毛穴は生活習慣病?!

とある美容の本には、毛穴の開きは生活習慣によっても左右されると書いてありました。

不摂生の多いワタシは内心ドキ!

同じようにハッとされた方もいらっしゃるかもしれませんね。

その本によると、毛穴開きを加速させてしまう要因として

①睡眠不足

②偏った食生活

③喫煙

④紫外線

この4つが挙げられていました。

ひとつずつ説明していきますね。

①お肌の代謝も、コラーゲンがつくられるのも実は睡眠中ってご存知でしたか?

早く寝た日はお肌の調子が良いってこういうことだったんですね。

②脂分の多い食事や、甘いもののとりすぎは皮脂を分泌し毛穴の広がりにつながってしまいます。

お肌も食べたものから出来ている事を忘れてはいけないですよね。

 

③タバコを吸うと血行が悪くなり、その結果肌の代謝も下げてしまいます。

タバコは体全体の老化を早めてしまうそうですよ。

 

④シミの原因である紫外線は、コラーゲンを破壊してしまうパワーもあるそうです。

コラーゲンが壊れると毛穴も開いてしまうそうです。

 

こうして見てみると、毛穴開きの生活要因は、割と基本的な所から来ているのが分かりますよね。

お肌もカラダの一部ですから、健康的な生活はやはりお肌にも良いという事になります。

規則正しい生活から毛穴改善を目指すのは、ちょっとハードルが高いと感じた方は、保湿成分が豊富なスキンケアから見直してみると良いのではないかと思います!

保湿成分豊富なスキンケア おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

重力と戦う…「たるみ」

 

こんにちは!paulaです!

今日のテーマは「たるみ」です。

 

20年前の写真が偶然出てきて、「昔のフェイスラインはもっとシャープだったな…」と感じている私です。

特にあごのラインが崩れているのが顕著で、顔のお肉が自分で自分の重さを支えきれなくなっちゃったんだなー」とげんなりしてしまいました。

頬の他にも、瞼や眼の下もたるんできたし、細かいところでは毛穴もたるんできています。

ヒップラインも同様の事が起こっているんでしょうね(汗)

 

さて、お顔のたるみですが、調べてみた所出来てしまうメカニズムは「シワ」と一緒なんだそうです。

お肌の中のコラーゲンは、年と共にハリを失ってしまうのですが、そうなってくると、筋肉が少なく脂肪の多い部分がたるんでくるのだそうです。

頬っぺたとか瞼とか筋肉なさそうだし、脂肪も多そうですね…。

コラーゲン繊維の衰えには、やはり「保湿」が一番効果的だそうで、前回と同様、セラミドやヒアルロン酸が配合されたスキンケアを選ぶのが良いようです。

また、コラーゲンを増やすために必須と言われている「ビタミンC誘導体」が配合されているスキンケアを取り入れるのも有効だそうです。

良く、お肌プルプルコラーゲンを増やそうと、コラーゲンドリンクを愛飲されている方もいらっしゃいますが、たくさん飲めば飲むだけコラーゲンが作られるということは残念ながらないようなんです。

コラーゲン自体を増やしたい、という場合は、先程も書いた「ビタミンC誘導体」や、ナイアシン、レチノールも効果的だそうです。

 

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCを、肌に吸収されやすい形に変えたもの。

コラーゲンの生成を促すほか、美白作用、皮脂抑制作用、抗酸化作用なども確認されています。

美顔器を使って、イオン導入するのも効果的だそうです。

 

ナイアシン(ビタミンB2)とは?

コラーゲンの合成を促進する他、お肌の代謝にも効果的と言われる成分。

ビタミンCやレチノール(後で説明します)と比べると刺激が穏やかという特性もあるので、敏感肌の方はナイアシンからお試ししてみると良いかもしれませんね。

 

レチノール(ビタミンA)とは?

お肌細胞の生まれ変わりを促進し、コラーゲンを増やしてくれる成分。

小じわにも効果があるそうです。

ビタミンC誘導体やナイアシンより刺激が強めですが、その分効果も期待できるようなので、大丈夫な方は是非取り入れたい美容成分ですね。

使い始めは肌荒れのようにお肌のカサツキが気ににある場合もあるようです。

慣れてしまえばOKですが、どうしても気になる場合は使用は中止した方がいいかも。

また日に当たると効果が薄くなってしまうそうなので、どちらかというと夜のお手入れ向きですね。

 

調べてみた所、3つの成分の中ではビタミンC誘導体を配合しているスキンケアが一番多く、ドラッグストアなどで気軽に手に入りやすい印象でした。

ビタミンC誘導体は水に溶けやすい性質の様で、クリームよりは化粧水に配合されることが多いようですね。

ニキビケアや美白ケアでも多く利用されている成分ですので、1つで何役もこなせる優秀成分と言えそうです。

 

効果がきちんと見込めるのは「薬用」とついているものです。

薬用という表示があれば、その商品は効果・効能が見込める成分を規定量配合しているという事です。

有効成分もきちんと記載されていますので、パッケージ裏などの記載は要チェックしてみて下さいね!

ここまでお肌の悩みを見てきましたが、こんな悩みを持っているのは私も同様です。

今後、どういったスキンケアをしていこうかな?と考えた時、

ビタミンC誘導体入りの化粧水とセラミド入りのクリームはマストアイテムかな~と思えてきました。

全部が入っている便利なアイテムはまだ見つけられてません。

オールインワンで済まそうとするとビタミンC誘導体が補えなくなるし、やはり成分の性質上2つ以上のアイテムを併用するのは避けられない感じがしますね。

今までオールインワンで時短を味わっていただけに、アイテムが一つ増えるのはちょっと気が引けますが、お肌の老化を遅らせる為にはお手入れも必要という感じでしょうか…

たるみを美容外科で治すというケースについて調べてみた所、美容機器を使ったリフトアップも可能との事でした。

また、一歩進んで糸などを使用した施術もあるようです。

手術となると、料金は10万円は軽く超えている所が多く、上限もクリニックによって差がある様でした。

あらゆるたるみケアを試し、さらなる効果アップを狙うのであれば美容整形が最後の手段かもしれませんね。

それでは、今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

いつも実年齢より上にみられたら要注意!

 

こんにちは!paulaです!

前回は、お手入れをもっとシンプルにし、メイクアップ不要ですっぴんも叶うかもしれないスキンケアとして、あきゅらいずという基礎化粧品をご紹介しました。

何を使ってもお肌の悩みが解消しない!という時は、一度全てをやめてみて基本の「保湿」からお肌の様子を見てみる事も大事なんですよね。

詳しくは:何もかもが嫌な時

↑こちらの記事をお読みくださいね。

さて、今日のテーマは「くすみ」です。

年齢に従って気になってくるものの一つに、くすみがありますね。

特に体調が悪い訳でもないのに、顔色が悪いな、と感じたり、鏡を見てみると、どこか肌がどんよりしている感じがしたり。

くすみの感じ方は人それぞれの様ですが、原因も様々な物が考えられるそうです。

くすみの原因として考えられる物には次の物があるそうです。

①乾燥

年齢と共に肌の水分保持機能が低下し、乾燥が進むとお肌細胞の生まれ変わりが滞り、古い角質がたまって黒く見える場合があるそうです。

保湿をすることで、細胞の生まれ変わりも促進できるようですのでセラミドやヒアルロン酸などが入った保湿化粧品でケアしてみましょう。

 

 

②古い角質

①の保湿ケアでも改善しない場合は、もしかしたら古い角質が肌の表面を覆い、保湿成分が浸透しづらくなっている事も考えられます。

その様な場合は、「ピーリング」で古い角質をはがしてあげることが有効だそうです。

※お肌が弱っている時はピーリングは避けた方が良いそうです。

お肌が元気な時も、こすりすぎや力の入れ過ぎに注意したいですね。

クレンジングの中にもくすみに対応しているものが多くありますので、好みの物を取り入れてみても良いでしょう。

 

③血行不良

血行が良くないと顔色が優れないのは割と想像しやすいですよね。

そんな時は血液の循環が良くなるマッサージが効果的。

出来ればマッサージ用に開発された商品を使用し、お肌の摩擦にならないように顔の内側から外側に向かってお肌をほぐしてあげましょう。

マッサージは間違った方法でやるとお肌に摩擦となってしまうので、よくわからない場合はプロにお任せするのも一案かと思います。

 

 

④喫煙

タバコを吸うと、細い血管(毛細血管)が収縮してしまい、血行不良を招くといわれているそうです。

禁煙した途端にお肌がみるみる元気になったという話もよく聞かれますので、体・お肌の健康の為にもタバコはやめる努力をしたいところですね。

タバコの煙は周りにいる方にも悪影響を与える事が実験からも明らかになっています。

ここは心を鬼にして!是非禁煙に取り組んでみましょう!

 

くすみは、不健康な印象を与えるだけでなく、実際の年齢より上に見られることもあります。

実年齢より上に見られて嬉しい方はあまりいないと思いますので、くすみが気になる方は早速ケアしてみると良いですね!

上に挙げたくすみケアは、割と簡単にできるものばかり。

特に、「保湿」ケアは、今お使いのものより、一つ上の保湿に切り替えるだけでOKですので、忙しい方でも簡単に取り入れる事が出来るのではないでしょうか?

おススメしている「セラミド」や「ヒアルロン酸」といった保湿成分は、それなりのお値段がしているものが多いと思いますが、ある皮膚科の先生によると、『値段と品質は大きくかけ離れることはない』そう。

セラミド配合の化粧品なら、3,000円以上の物が適当とも言われているそうです。

セラミドは激安で手に入れる事が難しい成分だそうで、プチプラのセラミド化粧品の場合は、疑似セラミドを使用しているか、配合量が少ないことが考えられるそうです。

セラミドは、人がもともと持っているセラミドに類似しているヒト型セラミドが一番効果があり、動物や植物から合成された疑似セラミドは値段が低い分効果もそれなりと言われています。

プチプラが全て悪い訳ではありませんし、プチプラで効果を実感出来ているのであれば相性も抜群なのかもしれません。

お肌の状態に合わせて、その人にふさわしい保湿ケアを行っていけば、お肌は確実に上向きになっていくでしょう!

40代は、子育て・仕事・親の介護など、やることで手一杯という方も多いでしょう。

そんな中でも美容ケアを怠りたくないな、という方は、まずは自分にできる簡単なことから始めてみるのがおススメです。

スキンケアが重荷になってしまっては、ココロも不健康になってしまいますもんね。

次回は「たるみ」について見て行きたいと思います!

 

 

何もかもが嫌な時

 

 

こんにちは!paulaです!

第一回は「シワ」

第二回は「シミ」について書いてきたブログですが、

第三回目の今日は、ちょっと趣向を変えた感じでお送りしていきたいと思いまうす。

40代女性の方の口コミを良く読んでいると、

『肌の悩みに合わせて色々と基礎化粧品を変えているのに、どれも効果がイマイチ。何を使っていいのか分からない』

という声が見られることが多いです。

新しい化粧品が発売されて、どんな違いが出てくるかな?と期待して購入したのに、宣伝で言われているような効果が出なくてがっかりしているケースですね。

基礎化粧品と言えども価格は結構するものが多いので、期待して買った割には損した気持ちになってしまいますよね。

また、『もうメイクをするのがめんどくさい』という声も良く聞かれます。

40代ともなると、メイクで隠してしまいたい肌悩みはたくさんあるもので、お化粧にかかる時間がどんどん伸びてしまうんですね。

顔色補正のベースメイクやシミ消しのコンシーラー、ファンデーションの上にチークを載せたり…。

こういったメイクに自分でもうんざりしているケースが見られるんですね。

お肌のお手入れやメイクは毎日の事ですし、特にメイクはいきなりやめる事はほとんどの女性が不可能なんじゃないかと思います。

毎日隠していた物を、いきなりあらわにするのはとても気が引けますし勇気も要ります。

だけど、このメイク時間、削ることができたらどんなに楽だろう?とふと思ってみたりしますよね?

 

そこで、悩める40代に提案したいのが

シンプルだけれども実力のある基礎化粧品」です。

その基礎化粧品というのは、

①洗顔せっけん

②パック

③クリーム

この3点だけでお手入れが終わります。

洗顔後のアイテムがたったの1つで済むので時短につながりますよね。

2番目の「パック」は人によって新しいお手入れと感じられるかもしれませんが、後のクリームがきちんと浸透して役割を果たすのには必要な工程だそうです。

この3ステップのお手入れを提唱しているのは

あきゅらいず」というスキンケアメーカーです。

 

あきゅらいずという社名を初めて耳にされる方もいらっしゃるかもしれませんね。

あきゅらいずは、日本人女性の肌悩みを解決するためには、お肌を健やかにすることが大切、という考えからスタートした企業です。

日本人女性に本当に必要な物は何か?

その答えをあきゅらいずは「漢方」に見出しました。

あきゅらいず社のウリは、スキンケア3アイテムすべてに配合されている和漢ハーブエキス「草根木皮たまり」なのですが、これは漢方の本場である中国で、漢方の専門家と開発されました。

丹参(タンジン)、玄参(ゲンジン)といった和漢ハーブ10種からていねいに抽出されたエキスは、お肌の保湿を徹底サポートし、お肌を内側から健やかにしてくれるそうです。

あきゅらいずの草根木皮たまり ハーブ10種:

丹参(タンジン)

玄参(ゲンジン)

蛇床子(ジャショウシ)

紅花(コウカ)

黄精(オウセイ)

金銀花(キンギンカ)

絞股藍(コウコラン)

紫草(ムラサキクサ)

御種人参(オタネニンジン)

黄蓮(オウレン)

 

この和漢ハーブエキスのお陰で、お肌がみるみる元気になったというユーザーがたくさんいます。

そして、お肌が元気になると、『隠すものが無いから、すっぴんでもOK』という状態になるのだそうです。

ですから、あきゅらいずのキャッチコピーは『すっぴんでおでかけしましょ』。

美しい肌は、メイクなしでも本当に綺麗なんですよね。

あきゅらいずでは、創業者の女性も社員の方もみんなすっぴんだそうです。

お写真を拝見すると、「これが本当にすっぴんなの?」とビックリしてしまうくらい透き通った肌の方もいらっしゃいます。

あきゅらいずの広告には、すっぴんで生活しているユーザーさんもたくさん登場しますが、やはり皆さん本当に白くて美しいお肌をしています。

また、あきゅらいずのユーザーは調べてみると幅広く、下は20代、上は60代の方までいらっしゃいます。

年齢があがれば、シワなどが出てくるのは仕方のないことなんですが、それでもメイクなしでこの白さ?この透明感?

見ていると本当にビックリの連続なんですよね。

冒頭では、

「もう何を使ったらいいのか分からない」

「メイクがめんどくさい」

この2つの悩みを持っている方が多い、という話をしましたが、あきゅらいずならこの2つの問題が一度に解決できますよね。

スキンケアは漢方の保湿成分でシンプルに終わらせ、かつ健康な美肌が手に入りすっぴんでいられたら、時間の使い方に大きな差が出ると思いませんか?

しかも、すっぴんでいるあきゅらいずユーザーの方には「すっぴんでいられる事の喜び」のような物が共通して見られる点も注目ですね。

あきゅらいずユーザーの中には、これまで大人ニキビに心底悩んでこられた方も多いです。

大人ニキビは思春期の物と違って、扱いが大変ですよね。

女性の場合はホルモンの変化も月単位で起こりますし、生活環境によってストレスも肌に出てきます。

睡眠が大事と分かっていても、家族の為に自分の睡眠時間を削っている女性も多いのです。

手強い大人ニキビですが、あきゅらいずに変えてから悩むことがなくなった方も多く、お写真を拝見すると皮膚科に通っていたのが信じられない程です。

また、あきゅらいずは、お子さんをお持ちの方にも人気があります。

子供と接していると、お肌が触れ合う事って本当に多いんですよね。

お母さん大好きの子供はほっぺを合わせてすりすりしてきたり、手を

顔にもっていって触ってきたりします。

そんな時に子供の肌にファンデーションが付くのが嫌だなと感じるお母さんは多いんですね。

だから、ノーファンデでいられるといつでも安心して子供とスキンシップをとれるという訳です。

いきなり「あきゅらいず」という名前を聞いた方はちょっとピンと来ないかもしれませんが、スキンケアとメイクの時間を短縮し、すっぴん美肌も手に入れたい方には格好の基礎化粧品といえると思います。

あきゅらいず 口コミ

あきゅらいずのホームページを見たら商品の概要はよくわかると思いますが、上にご紹介したサイトは、あきゅらいずの口コミについてまとめてあるサイトです。

どんな物にもメリット・デメリットがあるのは普通ですが、このサイトではあきゅらいずの悪い口コミについても詳しく書いてあります。

あきゅらいずのどんな点がユーザーの不満につながっているのか、購入前に確かめておくのは大切なことですよね?

こちらのサイトは口コミだけでなく、あきゅらいず商品の効果的な使い方やお得な購入方法などにも触れているので、これからあきゅらいずに興味を持った方は一通り読んでおくと参考になると思いますよ!

病気の時はなるべくシンプルなおかゆが食べたいって思いませんか?

栄養豊富な肉や魚は、弱っている時はその栄養が受け付けられない時もありますよね。

お肌も私たちの身体の一部である事に変わりはありません。

お肌が弱っている時は、あきゅらいずでのシンプルなお手入れがおススメです。

もう何を使ったらいいのか分からない!!!

アイテムが増え続けて大変になってきたメイクをやめたい!!!

こんなピンチに陥っている方は、あきゅらいずをお試ししてみても良いと思いますよ。

次回からは、またお肌の悩みに特化した内容でお送りしたいと思います!

どうぞお楽しみに!

 

「シミ」は作らせないが鉄則

 

こんにちは!paulaでーす。

今日は、多くの40代が悩んでいると思われる「シミ」を特集したいと思います。

シミって、いつの間にできたんだろう?って思うことありませんか?

毎日鏡を見ているはずなのに、ふとのぞき込んで「あれ?」こんなところにシミができてる…

いつの間に…?!

こんな情景が繰り返されているんじゃないかと思います。

結論から言うと、シミは出来てしまうととっても厄介です。

ごく薄い初期の物なら、薬用美白コスメを使うと薄くすることもできるそうなんですが、シミって気が付く頃にはなかなかの存在感で居座っていたりしますよね(笑)

美白化粧品のテレビCMは、夏が近づくと良く見るようになりますが、どのCMにも肌が真っ白でキレイな女優さんたちが登場します。

こういったCMを見ていると、『この化粧品を買えば、私もこんなきれいな白い肌になるんだわ』と思ってしまいますが、それは悲しい勘違い。

美白コスメは、広告やパッケージを良く見てみると「メラニンによるシミ・そばかすを防ぐ」って書いてあります。

そうなんです、防ぐのであって、今あるシミへの効果はどこにも書いてないんですよね!!!

(一部の美白コスメには今あるシミにも働きかけるものもあります。また飲んだらシミに効く医薬品もあります。)

ただ、ドラッグストアなどでよく見かけるような美白コスメは、この「予防」に該当するものが多いので、思い違いをされて使って言う方は要注意なんですよ。

製品情報やパッケージを読むと分かるので、もし今美白コスメをお持ちの方は一度確認してみると良いと思います!

 

かくいう私も、シミは美白コスメで「シミ抜き」できると思い込んでいた張本人なので、この事実を知った時は下唇を軽く嚙んじゃうくらいせつなく悲しかったです。

ただ予防も大事!という事が身に染みてからは美白コスメは必ず1品スキンケアにとり入れていて、最近はなんとなく顔のトーンが明るくなってきたかな、という印象は得ています。

肌の中には作られ途中のシミもたくさんあるようなので美白コスメは毎日使う事が大事ですね。

 

出来てしまったシミをどうにかしたいという場合は、週に1,2回の「ピーリング」も効果的だそうです。

ピーリング剤は、ドラッグストアなどでもたくさんの種類が売られているので、ご自宅で気軽にできますね。

ピーリングは、酸などの力を借りてお肌表面に留まっている古い角質を取り除くのだそうです。

若い頃はお肌の新陳代謝(ターンオーバー)も規則正しいので要らなくなった古い角質は自然とはがれ落ち、それと共にシミも排出できているそうです。

年齢と共に、ターンオーバーにはどんどん時間がかかるようになり、シミも留まりがち。

そんな時にピーリングで角質の入れ替わりを促進してあげるのが良いのだそうです。

私は過去にフルーツ酸配合のピーリングを使って肌荒れを起こしてしまった経験から、ピーリングには実は後ろ向きなんです。

ただ、最近こんにゃくスクラブが入ったクレンジングを試してみた所、お肌がツベツベ!!!

「一皮むけたような」爽快感を感じる事が出来たので、ピーリングがわりに使用しています。

お肌が弱い方は、お肌に優しいピーリングを選んでみても良いですし、角質除去ができて安心して使えるクレンジングを使用してみても良いと思います。

カミソリで顔の産毛を剃ると、一緒に角質もオフできますのでカミソリ負けしない方はお試ししてみてください。

 

 

で、今ある濃いシミをどうしても消したい!と思う方には、やはり最終的には美容外科がおすすめされています。

調べてみた所、美容外科ではシミの治療としてクリームなどの塗り薬が処方される場合と、レーザーによる治療の2つがありました。

塗り薬は、「ハイドロキノン」の取扱いが多いみたいですね。

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれていて効果はかなり期待できそうです。

ただ、効果が高く見込める分、お肌には刺激となる場合も多いのでお医者さまが処方する必要があるみたいなんですね。

低濃度の物は市販もされていますが、効果も穏やかと考えてよいようです。

ハイドロキノンの料金は5,000円前後からの所が多く、定期的に塗布することが必要だそうです。

 

レーザーは、シミにレーザーをあててシミを除去する治療法ですね。

照射後はかさぶたができますが、その下からはシミのない新しい皮膚が誕生します。

レーザー治療にもいくつか種類があるようですが、小さいものなら数千円から施術してもらえます。

顔全体のパック料金を設定しているクリニックもありましたので、これも色々と調べて自分に合う物を探したいですね。

 

人によりシミは大きさも濃さも色々です。

コンシーラーでも隠すことができず、シミが気になるあまり外出もできないという状態であったら、美容外科の門をたたいて解消してしまった方が、心の安定にもつながると思います。

シミのあるなしで、第一印象も随分変わることもありますし、現代は、美容の悩みがお金と技術で解決できる時代なんですよね。

私は、美容外科にとても肯定的な印象を持っていますが、やはり信頼できるドクター・クリニック選びが基本かな、とも思います。

美容外科には行くほどでもないな、と思えるシミでしたら、美白コスメを色々試して自分にピッタリの物を選びたいですね。

 

 

 

お手入れを考え直す40代?!

 

初めまして!

当サイト管理人のpaulaです。

突然ですが、お肌の悩みって、色々あって尽きない程だと思いませんか?

20代後半から30代にかけては、ゆらぎ肌なんて表現がありますが、40代ともなるとお肌の悩みって益々深刻になっていくような気がしてならないんですよね。

インターネットで検索してみると、やはり、「化粧水ジプシー」とか「スキンケアジプシー」を自称している40代の方がかなりいらして…。

お肌の悩みは増えるのに、自分に合うスキンケアがみつけられない大人女子が増えているのでは?って思います。

この美容ブログでは、そんなスキンケア迷子になってしまった40代の女性になんらかのヒントになれば!と思い立ち上げる事にしました。

 

記念すべき第一回目の今日は、「シワ」をテーマにお送りしてみたいと思います!

 

老化の象徴ともいえるシワ。

30代の時と比べたら、確実に増えて、深くなっていますよね?

どのようなケアがシワを薄く、目立たなくしてくれるのでしょうか?!

化粧品のメーカーがシワのメカニズムやシミに効果的な美容成分について広告等で述べているのを良く見かけますが、専門家の意見が聞きたいと思ったので、皮膚科専門医の著書をいくつか読んでみました。

 

ある本によると、目元などに現れる「ちりめんじわ」や「こじわ」は保湿ケアでかなり改善することが可能だそうです。

こじわは、ファンデーションがよれたりして気になっている方も多いと思いますが、保湿成分を含んだスキンケアでなんとかなるなんて朗報ですよね!!!

こじわは、皮膚が乾燥してお肌のキメが乱れてできる事が多いそうなので、普段から保湿は念入りに行いたいですね。

空調の効いたオフィスなどで乾燥をかんじ、”潤いミスト”のようなスプレーを使用している人をみかけたりするのですが、これは美容皮膚科の見地からするとNGの行為だとか。

ミストは水分が多く潤い補給ができるのも事実なのですが、水分が乾く時にお肌の水分も一緒に乾いてしまうそうなんです。

こうなると、潤うのは一時的でその後はミストを使う前よりもお肌が乾燥してしまうという逆効果にもなってしまいますよね。

ミストにも色々な種類があると思いますが、水分を多く含んでいるものには使い方に注意し、ミスト後に脂分も補給できるのが理想ですね。

 

さて、次はこじわよりもさらに深く刻まれたシワについてです。

深いシワというと、目尻や、口の周りのほうれい性、おでこの横線シワなどが思いつくと思います。

これらのシワは、もともと「表情じわ」だったのがどんどん太くなってしまったもののようです。

表情じわは、もともと表情を作った時だけに現れていたものが、年齢と共に肌の弾力がなくなってしまい元に戻らなくなってできるそうです。

年をとると、色んなものが減ってしまいますが、お肌の弾力に深く関係する「コラーゲン」も例外ではないんですね。

深いシワは、お肌自体が変化してしまっているのでなくすことは不可能だとか…。

 

ガーン!!!

 

お医者さんにそう断言されると、かなりショックですよね(涙)

ただ、スキンケアでお肌の変化を穏やかにすることはある程度可能とのことですので、シワ対策のスキンケアを使う事は無意味ではなさそうです。

どうしても深いシワをなんとかしたい!という方は、美容皮膚科に相談するのが良いそう。

美容皮膚科ではボトックス注射やヒアルロン酸注入など、お医者さまと相談しながら行えます。

ボトックス注射とは?

ボトックス注射は、薬を注入し、筋肉の緊張をやわらげて表情じわを目立たなくする治療法です。

手術でもなく、麻酔も基本的には不要な処置なので「プチ整形」として人気だそうです。

注入すると、数日で効果が現れ始め、2週間後に最大の効果が確認できるそうです。

ボトックスの効果は3,4か月続きますが、再び気になってきたシワにはボトックスの再注入処置がおすすめされるそうです。

気になるお値段ですが、数千円から数万円までクリニックにより差が大きく出ています。

注入する量や処置する場所によっても価格が違いますので、施術前にしっかり確認しておくと安心ですね。

また、頭痛や炎症などの副作用もあるようですので、説明を聞いて納得した上で施術に移る事も大切かと思います。

 

ヒアルロン酸注入とは?

ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸を気になる部分に注入してハリやふっくら感を出す処置です。

気になるシワ部分はもちろん、唇や頬・鼻の頭などに注入し理想的なフェイスラインを作ることも可能なようです。

たるみにも効果的なので、シワだけでなくエイジングの症状にお悩みの方はヒアルロン酸注射の方が向いているかもしれませんね。

また、ボトックス注射との併用もありますので「どのパーツをどのようにしたいか」お医者様と相談してみると良いと思います。

調べてみた所、ヒアルロン注射はお値段が10万円前後からで、注入する量によっても価格が上下するようです。

注射に痛みはほとんどないそうですが、副作用としてかゆみや腫れ、また注射した部分に内出血が出ることもあるそうです。

ボトックスもヒアルロン酸注入も、メスで切らない施術が安心&人気のようです。

とはいえ、大事なお顔の事ですので、面倒でも何か所かクリニックを訪れ一番安心と信頼を感じられる先生にお任せするのが最良の策かと思います。

 

美容皮膚科に頼らずにシワをなんとかするには?

ここまで見てきたように、シワは医療のプロの方にお願いすれば目立たなくすることは可能なんですね。

ただ、金銭的な問題もありますし、医療機関に行くこと自体に否定的な方もいらっしゃると思います。

そこで、普段から自分でできる「シワ」ケアについてご紹介しましょう!

 

①シワの原因をできるだけ取り除く

シワができる要因として、「紫外線」が挙げられます。

紫外線は、シミの原因として悪名高いものですが、シワにとっても大敵だそうです。

特に肌荒れや乾燥でお肌が弱っていると紫外線も肌奥に届きやすくなってしまう為、毎日の日焼け対策は必須と言って良いでしょう。

普段お家にいる事が多い主婦の方でも、洗濯物を干す、ゴミを出す、子供の送り迎えといったわずかな時間でも紫外線は確実に浴びています。

トラブルなく安心して使える日焼け止めを一つ持っていると心強いですよね。

 

 

②ビタミンC誘導体のスキンケアを取り入れる

ビタミンC誘導体は、コラーゲンを生成するのに不可欠な成分だそうです。

ドラッグストアや薬局には「ビタミンC誘導体」が入った基礎化粧品が多数並んでいますので、好みで選んでみましょう。

美顔器でイオン導入をするとビタミンCの浸透が高まるそうなので、本気でシワに取り組みたい方は、イオン導入できる美容機器を買って実行してみると良いと思います。

先程も書きましたが、スキンケアではシワを完全に目立たなくするのはかなり無理なようです。(悲しい事実ではありますが…)

ただ、シワの進行を遅らせる事は可能なようなので、やらないよりはやった方がマシという感じがしますよね。

毎日毎日、年齢が重なっているのは仕方のないことなんですが、何もしないでいるとシワもどんどん濃くなっていってしまいます。

人間中身が大事なのは言うまでもないことなんですが、少しでも若々しくありたいのも女性・男性問わず願っている事だと思います。

エイジングケアは、思いついたら今日始めてみるのがおススメです!